【サブスク】月額サービスのメリットとデメリットとは?

大量にあったCDやDVDを断捨離できた
でも音楽を聴いたり映画は大好き
またCDやDVDが増えていきそうだ・・・

新居に引っ越したり、大みそかに断捨離をして、部屋のほとんどのものがなくなった。

でも気づいたら、徐々にまたモノが増えている・・・

そんなという経験はありませんか?

私も就職や結婚で引っ越しした時、最初は何もなかったはずなのに気づいたらモノがよく増えていたりします。

モノをためるクセがあると、部屋がきれいにリセットしたとしても再びモノがあふれた状態に元通りなんですよね。

たくさんモノは利用するけど、モノは増やしたくない!

そんなぜいたくのような悩みを解決するのに便利なのが、月額利用サービス、いわゆるサブスクリプション(通称サブスク)というサービスです。

サブスクリプション(通称サブスクとは?)

サブスクリプション、通称サブスクは、一定期間の利用に対して利用料を支払うサービスです。

本のサブスクなら一か月1000円前後の支払いで、数十万冊の本が読み放題の権利が得られたり、

動画配信サービスのサブスクも一か月1000円前後で数十万本の映画が見放題などのサービスがあります。

サブスクを利用すればモノを減らし、しかも費用も安く抑えることができるのです。

好きなものはモノではなく、データとして利用することができるので、モノが増えることがありません。

月額利用サービス、サブスクのメリット

サブスクって名前を聞いたことはあるけど、具体的にどんなこと?

では具体的にサブスクってってどんなメリットがあるの?

今回はそんなサブスクについて詳しく解説していきます。

ここで紹介するメリットは7つです。

  • モノが増えなくなること
  • 安く利用できること
  • お店に行く必要がなくなること
  • 掃除が楽になること
  • すぐに利用できること
  • いつでも解約できること
  • 新規会員向けに一定の無料期間が設けられているサービスが多いこと

私は本のサブスク、音楽のサブスク、プログラミング学習といった様々なサブスクを利用していたり、利用してきました。
その観点からまずはメリットを解説していきます。

モノが増えなくなること

最初に1つ目のメリットは、モノが増えなくなることです。

音楽を聴きたいときはCDを買いますよね。

映画を家で見たいときはDVDを買いますよね。

でもCDやDVDを買っていくとだんだん部屋に増えていきます。

そうすると、部屋がCDやDVDでだんだん埋まっていきます。

好きな時に好きな音楽、見たいときに好きな映画のDVDを見たいので、音楽好きや映画好きであればせっかく購入したCDDVDを手放したくありません。

そこでおすすめなのがサブスクです。

見放題、聴き放題が多いので、自分の部屋にモノを置かずにたくさんの作品を利用することができます。

音楽なら様々な曲、映画ならたくさんの映画を見ることができます。

好きな時に好きなものを選んで使えるというのは非常に便利です。

私は電子書籍リーダーKindle の読み放題プランKindle Unlimitedで本を読みまくっています。
本をたくさん買ってストックしていましたが、モノのスペースを取られることなく、たくさんの本を読めて便利です。

安く利用できること

2つ目は安く利用できることです。

一か月に一定の利用料を払っているので、たくさん利用していても出費が増えるということはありません。

たとえば、「寿司、焼き肉、デザートの種類が豊富な食べ放題のお店」を思い浮かべてください。

食べ放題のお店って一定の料金さえ支払えば、好きなものを好きなだけたくさん食べることができますよね。

食べる量が少なかろうが多かろうが、来店した人の利用料金は全員同じです。

普段から大食いの人は、食べ放題のお店は非常にオトクであるといえますよね。

食い放題のお店同様に、好きなものを好きなだけ利用できるサブスクは、コスト面で非常に大きな役割を果たします。

私の代表例はKindle paperwhiteの読み放題サービスは月額980円(※本体代を除く)
本は1冊1000円前後しますので、2冊目を読むと簡単に元が取れてしまいます。

お店に行く必要がなくなること

3つ目はお店に行く必要がなくなることです。

家にいながら、利用できるので、お店に行って買う必要がなくなります。

特に図書館で本を借りる人、CDやDVDをレンタルしている人には便利ですね。

あなたはこんな経験がありませんか?

  • わざわざ店に行ったのに全て貸出中、いつになったら返却されるのか分からず度々お店に寄らなければならないわずらわしさ
  • レンタル商品をまたお店に返さないといけない手間が面倒
  • 借りたのを忘れてて、返却と同時に延長料金を払いに行かないといけない。

でもサブスクならそんなことが全くありません。

何度もお店の行き来をするという時間の無駄が多く発生します。

私は過去dアニメストアで好きなアニメを見ていましたが、すぐ次の巻の続きを見られるのは嬉しいですよね。

ただし、車のサブスクのような、一部お店に行かなくてはならないものもあります。

掃除をする必要がなくなること

4つ目は、掃除をする必要がなくなることです。

モノを買わないで済むので掃除をする必要がなくなります。

どういうことかというと、本やCDを大量に買うと、当然本棚やラックが必要になります。

棚にたまった大量のホコリを雑巾で拭く作業が発生します。

サブスクであれば、掃除の心配がありません。

さらにモノを置く棚がなくなると、部屋のスペースが広くなります。

すぐに利用ができること

5つ目はすぐに利用することができることです。

登録手続きさえすればすぐに始めることができます。

初期登録や使うための商品を用意する場合によっていは、始めるのに時間がかかるものもあります。

ですが、スマホがあればたいていのものはすぐ利用することができるのは便利ですね。

Kindle paperwhiteで本を読み放題を利用するためにはまずKindle paperwhiteが必要ですので手続きまで一週間程度待ってから利用を開始しました。

いつでも解約できること

6つ目はいつでも解約できることです。

日時曜日問わず、好きな時にサービスを解約することができます。

ただし、それまで月額で利用していたものがすべて利用できなくなりますし、サービスの期間更新より早めに解約すると、残りの日数分損をするので、よく考えて解約を考えましょう。

私の場合は、もう使わないと思ったサービスはすぐに解約します。
残りの日数がまだあるからと解約の日まで待っていると、解約することを忘れて翌月も利用料を払うハメになるからです。

新規会員向けに一定の無料期間が設けられているサービスが多いこと

最後、7つ目は一定の無料期間が設けられているサービスが多いことです。

一定の期間無料で利用できる狙いは、あなたにとって合うサービスか合わないか考慮してもらうためです。

サブスクの多くは1~3か月間程度の無料お試し期間サービスを行っている場合が多いです。

月額利用サービス、サブスクのデメリット

メリットがあるなら当然デメリットもあります。

しかしながら私が思うサブスクのデメリットは数少ないと考えています。

しいていえば以下の3つです。

  • 解約すると全て利用できなくなること
  • 無料期間を過ぎると自動的に有料へ以降となること
  • たくさん利用すると料金が高くなること

解約すると全て利用できなくなること

1つ目は解約するとこれまで利用していたサービスが全て利用できなくなることです。

これは1ヵ月使い放題プランが当てはまります。

一定期間支払っているものが全て利用できなくなります。

ただし、解約と会員登録は違い、その間、商品の購入をした場合は残ります。

無料期間を過ぎると自動的に有料へ以降となる

2つ目は無料期間を過ぎると自動的に有料プランへ以降してしまうことです。

無料期間を過ぎても何もしなければ、自動的に有料となり月額の料金が発生することになります。

無料だから登録しておこうと思って最初の2週間だけ使い、使わないで解約を忘れていると利用していないのに翌月から毎月の支払いが始まるので注意が必要というわけです。

たくさん利用すると料金が高くなる。

3つ目はサブスクをたくさん利用すると月額料金が高くなることです。

どれも便利なサービスだと思って次々登録していると、気づいたら毎月5000円も支払うことになるってこともありえます。

ここまでデメリットを書きましたが、サブスクは本当にデメリットが少ないです。

まとめ

それでは最後にまとめいきます。

サブスクのメリットは

  • モノが増えなくなること
  • 安く利用できること
  • お店に行く必要がなくなること
  • 掃除が楽になること
  • すぐに利用できること
  • いつでも解約できること
  • 新規会員向けに一定の無料期間が設けられているサービスが多いこと

せっかく片づけた部屋も、ためグセがついていると再びモノが増加してしまいます。

サブスクを使うと、たくさん利用しているにも関わらず、モノが増えないメリットに気づくはずです。

Kindle の月額読み放題を取り入れたことで、本はたくさん読むにも関わらず、本が増えにくくなりました。

あなたもサブスク生活をしてみてはいかがでしょうか?

最後まで読んでいただきありがとうございました。

最新情報をチェックしよう!