Kindle Unlimitedのメリット・デメリットとその特徴は?

Kindle (キンドル)の読み放題プランが気になっているけど、Kindleを購入する場合、このサービスは付けておくべきプランなの?

Kindle の読み放題プランをつけるかどうか悩んでいるあなたに、Kindle paperwhiteで「Kinlde Unlimitedのプラン」を活用している私が解説していきます。

Kindle とは?

まずはじめに、Kindleって何?というところから解説していきます。

「Kindle」はネット販売大手のamazonが製造、販売している電子書籍関連サービスのことです。

Kindleは様々な媒体で読むことができ、電子書籍専用のデバイス「Kindle」やスマホ向けに作られたKindleのアプリもあります。

私は電子書籍専用端末、Kindle paperwhiteというKindle専用のタブレットを使って読書をしています。

「Kindle paperwhite」の特徴に関しては以前書いたことがありますので、そちらの記事をご覧ください。

Kindle Unlimited(Kindleの読み放題プラン)とは?

Kindle Unlimited(キンドル アンリミテッド)」はKindleシリーズのお得なサービスの一つです。

月額980円(税込み)支払うだけで、なんと約12万冊以上が対象である「Kindle Unlimited対象本」が全て読み放題という、Kindleシリーズの非常にオトクなサービスとなっています。

Kindle Unlimitedのメリット

それではまずKindle Unlimitedのメリットから解説していきます。

月額980円でたくさん読める

面白くなかった本でも金銭面で損しない

新たなジャンルを開拓できる可能性がある。

月額980円でたくさん読める

先ほどにも紹介した通り、Kindle Unlimited対象の本であれば全て読み放題なので、何冊ダウンロードしたとしても月額980円は変わりません。

読書が大好き!
ジャンル不問、タイトル不問でたくさん読みたい!

という方は一か月に100冊読むことさえ可能というわけです。

ただし、読み放題指定の書籍をダウンロードして所持できる最大冊数は10冊という制限があり、11冊目をダウンロードして読みたい場合は10冊あるうち一つを一旦削除する必要があります。

書籍を購入してダウンロードした場合は、この数に含みません。

面白くなかった本でも金銭面で損しない

友達やネットの評価が良かったので本を買ったんだけど、内容がつまらなくて買って損した

そんな経験が、あなたにはありませんか?

すすめられた本を1000円も出して買ったのに、その内容が全然面白くなかったらがっかり感がハンパないはずです。

でもこれがkindle paperwhiteで読める、Kindle Unlimited対象本であれば、面白くなかったら返却(削除)し、次の本をまたダウンロードして読むことができます。

何度繰り返しても構いません。むしろ、1冊ダウンロードしただけで、本1冊分のもとはとれているのですから。

たとえダウンロードした本が面白くなかったとしても、そして読んだ時間も損をしたとしても、金銭面では損しないのはKindle Unlimitedの良い所です。

私は最初の数ページ見て、面白くないと感じたらすぐ読むのをやめて次をダウンロードして読み始めます。

新たなジャンルを開拓できる可能性がある。

これまで読んだことがないジャンルの本であっても、Kindle Unlimited対象の本であれば今まで読んだことがなかったジャンルの本に容易に手を出すことができます。

これまで自己啓発本しか読まなかったけど、せっかくなので、Kindle Unlimited対象の歴史の本を読んでみたらこれが意外と面白かった!

ってこともありえます。

様々なジャンルの本に手を出せる」という点が非常に大きいですよね。

これまでは自己啓発しか読まなかったけど、ITの本を読んでみよう、歴史の本を読んでみようと自分の読書ジャンルの幅を容易に広げることもできますね。

Kindle Unlimitedのデメリット

お得感のある読み放題サービスKindle Unlimited。

しかし、そんな嬉しい読み放題サービスにも様々なデメリットがあります。

ここでは2つあげます。

Kindle Unlimited対象の本は、対象から外れることがある。

Kindleに取り込めるのは10冊まで

Kindle Unlimited対象の本は、対象から外れることがある。

Kindle Unlimited対象の本は、不定期に更新されるので、Kindle Unlimited対象から外れることがあります。

つまり、今Kindle Unlimited対象である本であったとしても、来月は購入しないと読めなくなるということがあるということです。

Kindle Unlimitedは、作者、好きなタイトルにこだわりがなく、いろいろな本を読んでみたいというような方向けですね。

Kindle Unlimitedでダウンロードした書籍は一度に10冊まで

Kindle Unlimitedでダウンロードした書籍は10冊までしか取り込むことができません。

もし次の(Kindle Unlimited指定)の書籍をKindleに取り込みたい場合は、今Kindleに入れてある10冊の中から一冊を返却(削除)しなければ次の書籍をダウンロードすることができません。

ちなみに本を購入した場合は、Kindle Unlimitedの冊数にカウントされません。

Kindle Unlimitedで読める冊数は各ジャンルどのくらい?

「指定の本読み放題」といっても具体的に読み放題できる書籍は何冊くらいあるの?

という疑問が浮かぶ人がいるかもしれないので、Kindle Unlimitedで読める冊数を調べてみました。

種類冊数
アダルト57,925
アート・建築・デザイン14,644
エンターテインメント5,001
コミック57,728
コンピュータ・IT6,717
スポーツ・アウトドア7,142
タレント写真集12,203
ティーンズラブ8,405
ノンフィクション1,863
ビジネス・経済31,957
ボーイズラブ8,641
ライトノベル15,293
人文・思想52,347
医学・薬学5,023
投資・金融・会社運営16,545
教育・学参・受験18,042
文学・評論49,760
旅行ガイド・マップ8,273
暮らし・健康・子育て26,841
楽譜・スコア・音楽書1,562
歴史・地理17,662
社会・政治24,164
合計 447,758

このデータは2021年9月7日現在のものです。

約45万冊もの書籍が、Kindle Unlimited指定の本になっています。

ただし、Kindle Unlimited指定の書籍は期間限定のため、いつ読み放題対象外になるか分かりません。

とはいえ、この表にある全ての書籍が1ヵ月980円で読み放題はかなりオトクだと思いませんか?

Kindle paperwhiteを購入した時はKindle Unlimitedはつけるべき?

私はKindle paperwhiteで読書するために購入したのであればぜひKindle Unlimitedプランはつけるべきだといえます。

Kindle paperwhiteは15,000円前後する商品ですから、その本体価格を考えた時につけない理由がないですからね。

月額税込み980円かかっても、新品の本一冊をダウンロードしてしまえば元はとれてしまいます。

さらに、あともう10冊読むだけで、本体の価格の元までとれてしまいますよ。

私はKindle Unlimitedが魅力だったためにKindle paperwhiteを購入したといっても過言ではありません。

Prime Readingとの違いは?

KIndle Unliimtedと似たようなサービスでPrime Reading(プライムリーディング)というものがあります。

Prime Readingは「Amazonプライム」というAmazonが提供している有料サービスの一つです。

Prime Readingで指定した本も一部無料で読むことができますが、Kindle Unlimitedよりも読める冊数は多くありません。

Amazon Primeについて詳しくは以下の関連記事にまとめてありますのでご覧ください。

まとめ

まずKindle Unlimitedのメリットはこちらです。

月額980円でたくさん読める

面白くなかった本でも金銭面で損しない

新たなジャンルを開拓できる可能性がある。

そしてKindle Unlimitedのデメリットはこちらです。

Kindle Unlimited対象の本は、対象から外れることがある。

Kindleに取り込めるのは10冊まで

Kindle paperwhiteを購入した時はぜひこのKindle Unlimitedのプランに加入してみてください。

ここまで読んでみて、もしもあなたが

Kindle paperwhiteの購入を考えてみようかな?

とKindle paperwhiteの購入を検討しているのであれば、以下の2つの記事を参考にしてみてください。

最後まで読んでいただきありがとうございました。

Kindle Unlimitedのメリットデメリットと特徴
最新情報をチェックしよう!