長距離のマイカー通勤を楽しむ3つの方法

私は約40分かけて、自宅から会社まで通勤しています。

私が長距離通勤してでも今の会社で働きたい理由はこうです。

住んでいるところはお店が多く生活しやすい

好きな仕事をできる会社なら遠くてもマイカー通勤したい

同じような意見を持っている方はいるのではないでしょうか?

そのため、近くに引っ越すということは考えておらず、今住んでいるところと今勤務している仕事が好きなのでこの長距離通勤をしています。

ただ、同じ道をずっと通勤していると、だんだん同じ風景ばかりで飽きてきます。

30分がだんだん長く感じるようになります。

車の中で、会社までの時間、家までの時間が退屈だ~

と思っている方に、通勤中の車の中で楽しむ3つの方法をご紹介します。

通勤中の車の中で楽しむ3つの方法

音楽をかける

1つ目は、好きな音楽を流すことです。

音楽はこれから仕事に向かうときに自分のテンションを上げたり、スローな曲をかけて気持ちを落ち着かせたりできます。

持っているCDは少ししかないし、同じ曲しか入っていないのでとっくに飽きた

同じ曲をずっと聞いてるとすぐに飽きがきて運転も楽しめなくなります。

そんな方には音楽配信サービスをおすすめします。

たとえば、

ネット通販大手のamazonが運営している「amazonミュージック」

コミュニケーションツールとしてほとんどの日本人が使用しているSNSアプリLINEの「LINEミュージック」

などがあげられます。

これらは1ヵ月500~1000円程度の出費で多くの曲が聞き放題なのが魅力的です。

またスマホから流れてくる音楽を、Bluetoothを使ってあなたの車のスピーカーから流すこともできます。

スマホからだと迫力にかけますが、それを車のスピーカーから流すだけで、カーステレオにCDを入れた時と同じような音響を楽しむことができます!

ラジオを聴く

2つ目はラジオを聴くことです。

ラジオから流れる最新の道路状況を知ることで、事前に事故による渋滞を回避することができます。

早朝に放送されるテレビでニュースのチェックを忘れた!

って方も最新のニュースをラジオで知ることもできます。

そして私が一番オススメなのはリアルタイムに放送されるリスナー参加型のラジオ番組です。

ローカル番組ほど採用されやすく、自分の投稿したメッセージやリクエストソングが採用されるとかなり嬉しいものです。

ラジオ番組を聴くのは何も通勤中だけでなく、車中デートでも使えます。

曲が流れると、それをネタにして会話が盛り上がりますよ。

私もラジオはよく聴きます。
家族の誕生日や、今日にちなんだリクエスト曲が採用されたときは嬉しいです。
ドライブデート中も話のネタによくラジオをかけていました。

読書の読み上げ機能を使う

3つ目は読書の読み上げ機能を使うことです。

電車やバスなど、公共交通機関を使って通勤する方は読書をすることができますが、車通勤であればそうはいきません。

運転中に読書なんてできるわけないですからね。

そこでプロの声優さんが本を読み上げてくれるサービスが活躍します。

この本の読み上げ機能を使えば、本を読むことをせずに、本の内容をプロのナレーターが読んでくれるので理解することができます。

私は「オーディオブック」という本の読み上げの月額サービスを使っています。

詳しくは以下の記事にも書いているのでご覧ください。

まとめ

長距離のマイカー通勤を楽しむ方法は、いかがでしたでしょうか?

音楽をかける

ラジオを聴く

読書の読み上げ機能を使う

ずっと同じ風景を見続けたり同じ曲ばかり聞いていると飽きるなぁ~と感じてしまいますが、変化を入れることで毎日の通勤時間がとても楽しくなります。

月額ワンコイン程度の費用は掛かっても、毎日20円程度なので、費用もそれほどかかりません。

最後まで読んでいただきありがとうございました!

最新情報をチェックしよう!