スマホアプリのKindle版と電子書籍Kindle paperwhite、比較してみました。

私はKindle paperwhiteで単行本の読書をする習慣を今も続けています。

でも実は電子辞書のKindle paperwhiteを買わなくても、スマホで読書ができるKindleアプリというがあります。

今回は、

スマホにもKindleアプリがあるけど、Kindle paperwhiteと何が違うの?

スマホでもKindle読めるのに、あえてKindle paperwhiteを買う理由は?

そんな悩みを解決していきます。

スマホアプリ Kindleのメリット

まずは、スマホで読書ができるKindleアプリのメリットを3つ書いていきます。

カラーである。

Kindle paperwhiteは色がついていませんが、Kindleアプリではカラーで表示できます。

当然ながら写真や地図、イラストは普通カラーで見たいですよね。

私はKindle paperwhiteで読書をよくしているくせに、大好きなモータースポーツ(F1)の雑誌はKindleアプリで読んでいます(笑)

動きがスムーズ

Kindle paperwhiteよりも、動作がさくさく動くのでイライラしません。

ページをめくるのもさっと開きます。

神経質な方はKindleアプリで読むのがいいかもしれません。

スマホ1台あればよい

Kindleアプリに必要な機器はスマホ1つだけで充分です。

スマホの本体代金だけで読めてしまうので、2台持ちが必要ありません。

・・・って、ここまで読んだあなたはきっとこう思っているのではないでしょうか?

まぁんだ。メリットだらけじゃん!。わざわざ数万円のKindle paperwhite買う必要ないじゃん。

お金をあまりだしたくなく、Kindleを使用するのであれば、普通そう考えますよね。

でもですね、私はKindle paperwhiteを買った方がよい理由があるんです。

それをこれから書いていきます。

Kindleアプリより、Kindle paperwhiteでの読書が最適な理由。

私がKindle paperwhiteをすすめる4つの理由を書いていきます。

ブルーライトカット

Kindle paperwhiteには、E-inkという技術が使用されていて、ブルーライトが使用されていません。

つまり、Kindle paperwhiteは、目が疲れにくい構造になっています。

私はブログ書いたりプログラミング学習するのは脳が働く早朝か、夕ご飯食べた直後で、読書は睡眠の質を高めるために寝る1時間前にKindle paperwhiteで読書をしています。

スマホやパソコンからでるブルーライトは、脳を目覚めさせてしまい、睡眠の質を下げてしまいます。

かつて寝る直前までスマホやパソコンで動画を見る習慣が抜けられなかった私は、布団に入って2時間寝られないことがよくあり、悩んでいたことがありました。

さらに普段スマホや、パソコンで目を酷使しているのにさらにKindle読書で目を疲れさせてしまいます。

読書が大好きで1日1時間以上読書に費やしているのであれば、Kindle paperwhiteで読む習慣がオススメです。

読書しかできないので、読書に集中できる

Kindle paperwhiteは読書に特化したアイテムです。

「読書しかできない」という一見kindleの不便な言い方に聞こえますが、逆に言うとそれがKindle paperwhiteの良い所なのです。

スマホのKindleアプリだと、SNSの通知がくるとSNSに集中してしまって読書をやめてしまって、再び読書に集中するのに時間が少しかかってしまいます。

Kindle paperwhiteであれば、読書しかできないというKindle paperwhiteならではのメリットと言えます。

バッテリーの持ちの良さ

スマホでSNS、ゲーム、動画視聴をする時にさまざまなアプリを使い、さらにKindleアプリを使って読書をするとなると、よりスマホのバッテリーを消耗させてしまいます。

いざ緊急の電話をしたい時に

「バッテリーが少ない、やばい・・・」
「バッテリーの残量切れた・・・」

そんな状態だったら悲しくなります。

Kindle paperwhiteは読書のみなので読書以外でバッテリーが減ることなく、モノクロ表示のためバッテリーの持ちがよいのも特徴です。

SNS・ゲームはスマホで、読書はKindle paperwhiteで使い分けをすることで、バッテリー残量が気にならなくて済みます。

お子さんがいる場合は、スマホをお子さんに取られてしまう

小さいお子さんがいる家庭では、親であるあなたがスマホをずっと見ていると、

パパ(ゲームやりたいからスマホ)貸して!

って言ってきませんか?

当然スマホを渡してしまうと、スマホでSNSができなければ、Kindleアプリで読書もできません。

また有害サイトに触れる危険性のあるスマホをお子さんに買ってあげるのも、あまり好ましくありません。

お子さんは親が所持しているものに興味を持ち、「貸して!」とか「やらせて!」と言います。

そんな時、Kindlepaperwhiteを親であるあなたが所持し、お子さん用にKindle Kidsという子供向けのKindleを買って楽しむという方法もあります。

文章力、集中力、発想力が養われる読書はお子さんにとってもよいものです。

ぜひ親子そろっKindleの電子書籍を所持してみませんか?

まとめ

今回はKindleアプリとKindlepaperwhite の比較について書いてみました。

Kindleアプリのメリットは・・・

カラーである

動きがスムーズ

スマホ1台あればよい

しかし、Kindle paperwhiteにもKindleアプリより特化したメリットがあります。

ブルーライトカットしている

読書しかできないので、読書に集中できる

バッテリーの持ちの良さ

お子さんがいる場合は、スマホをお子さんに取られてしまう

最後までお読みいただきありがとうございました!

最新情報をチェックしよう!