無料で試し読みもできるKindle paperwhite。「サンプルダウンロード」の特徴

あなたが欲しい本を買う時、本屋さんでは単行本や雑誌を、パラパラって全体に目を通し、どんな感じの本かって確認しますよね。

どんなことが書かれているのか?
図や絵が多くて読みやすいのか?
読んでいて面白そうか?

また読書好きなユーチューバーやあなたの周りにいる方が、

「この本は、私が絶対におすすめの本だよ!」

っていっても、実際に読んでみると自分には難しかったり、面白くなくて合わないなぁってことはよくあるはずです。

これは映画でもドラマでも同じことがいえますよね。価値観や考え方はひとそれぞれなので誰しもがみんな面白い、分かりやすい!ってことはないはずです。

この本は自分には難しい、あわないということを判断するため、Kindle paperwhiteでは「サンプルダウンロード」という便利な機能があります。

今回はその「サンプルダウンロード」について詳しく解説していきます!

サンプルダウンロードとは?

Kindle ではあなたが手に入れたいと思っている気になる本の一部を無料でダウンロードして読むことができます。

これがサンプルダウンロードです。

Kindleの月額読み放題プラン(以下Kindle Unlimited)に加入していて、読みたい本が「Kindle Unlimited対象」の本であれば問題ないですが、

Kindle Umlimitedプランに加入していない

Kindle Unlimited対象外の本(つまり購入が必要な有料の本)

であれば、このサンプルダウンロードの利用をすすめています。

本の一部を読んで確認することで、どんな内容の本なのか、本を買うべきかどうか知る手がかりになります。

ただし注意するべき点としては、本屋さんでは立ち読みする時にパラパラっと全体をめくって確認できますが、Kindle paperwhiteではページ全体を見ることができないのがデメリットといえます。

無料のサンプルだけあって読めるページや部分は限られています。

どのくらいのページを確認することができるのか?について

サンプルダウンロードで読むことのできるページ数ですが、これは本によって異なります。

最初の10ページだけというのもあれば、目次+第1章だけというものもあります。

たった初めの10ページ程度なのか・・・

と思われるかもしれませんが、目次を確認して10ページほど読めば、この本は自分にあってるとか続きが読みたいか判断できる充分なページ数であると私は感じています。

しかも無料ですから、ぱっと見た感じでつまらないと感じたらサンプルを削除して他の本をまたサンプルダウンロードすればいいんですからね。

サンプルでわたしがよく使っている本の内容の確認方法とは?

面白そうな内容かどうか?

これは通常の本を買う時と同じで、

(パッと読んでみて)続きが読みたい!気になる!

というのが本を買う一つの基準になります。

最初の10ページを読んでみて、購入意欲がなければ次の本をサンプルダウンロードしていくだけでいいので、わざわざ本屋さんに行って本を立ち読みし、内容をざっくり確認しに行く必要がなくなります

それに続きが読みたい本ならその場でダウンロード購入ができますからね!

絵や写真が少ないものかどうか?

絵や写真が多いものが読みやすいと思いがちですが、実はKindle paperwhiteでは個人的に文字ばかりの方が読みやすいです。

なぜならKindle paperwhiteはモノクロなので写真が見づらかったり、図に書かれている文字が小さい時はいちいち画面を拡大したり元に戻すのに縮小したりする作業が実にめんどくさいんです・・・。

そのため、文章が多い本の方が、Kindle paperwhiteでは読みやすいといえます!

どんな本がKindle paperwhiteで読みやすいの?

「Kindle paperwhiteで読みやすい本とそうでない本の区別」については以下の記事に書いているので参考にしてください。

ページ自体が大きく、写真がたくさん使われている「雑誌」は拡大と縮小の繰り返しが多いので、Kindle paperwhiteで読むのは不向きで個人的にあまりおすすめしません・・・。

まとめ

今回はKindle paperwhiteについている試し読み機能、サンプルダウンロードについて書いていきました。

面白そうな本か、Kindleで読みやすい本かどうか、Kindleについているサンプルダウンロードという機能をぜひ活用してみてください!

最後までお読みいただきありがとうございました!

最新情報をチェックしよう!