読書習慣が身につかないあなたへ、読書を続けるコツ3点

読書は読解力を養ったり、文章力を向上させるのは分かるけど、読書習慣が身につかない。
文字ばっかりの本は読むのに疲れてすぐ飽きてしまう

「読書習慣を身につけたいけど、3日坊主に終わって全然習慣化できないよ~」

という方は、読書の方法がご自身にあっていない可能性があります。

今回は、読書を月に7冊前後本を読む私が語る、読書習慣を身につけるコツについて書いていきます。

趣味が読書の私がしている、読書習慣が身につくコツ3点

今回、読書習慣を身につける本のジャンルは、自分のスキルを磨いたり抱えている悩みを解決する「自己啓発本」のことについて書いていきます。

ベストセラー、ロングセラーの本を読む

1つ目は、ベストセラーやロングセラーを読むことです。

その理由は、

流行のジャンルである

多くの人の心をつかんでいる。

そもそも文章の内容に共感できない、理解しにくい本はまず売れるはずがありません。

本を読んだ読者の多くが、

読んだ本、すごく面白いよ!
役に立った!

と絶賛する本はいろんな人に口コミやSNSで伝わり、本が大ヒットするのです。

つまり、ロングセラーやベストセラーの本は多くの人の心に刺さる内容や文章であることが多いので、読書家の私はおすすめしています。

ただし、ロングセラーやベストセラーの本を読むときに注意してほしいのは、

売れている本があなたにとって絶対面白いというわけではない

ということです。

読む人によってはすでに知っている内容で読む必要がない場合がありますし、難しい文章が書かれていて読みづらくて面白くないってこともあります。

たとえば、あなたが最近流行りの人気のドラマや映画を見たとしましょう。

今ブームになっているドラマを試しに見たけれど、私はあまり面白くなかった。
なんでこんなにブームなんだろう・・・?

と思ったことはありませんか?

人によって作品の感想、評価の良し悪しに違いがあります。

本も同じです。

読む人によって感想は様々です。

amazon、楽天などの本のレビューサイトでも必ず、良い評価をつける人がいれば、悪い評価をつける人もいます。

あくまでロングセラー・ベストセラーは多くの人が共感できる傾向にあると考えてください。

面白そうだと思った本を読む

2つ目は面白そうだと思った本を読むことです。

どんなことでも、面白くなければ継続はできません。

3日坊主で終わってしまいます。

あなたがコンビニへ行った時、雑誌コーナーにあなたが興味をそそる雑誌に目が留まったことがありませんか?

私が今悩んでいる内容が書かれている本かも?

今欲しい情報が書かれている本かも?

内容が面白そうな本かも?

など気になった本は内容を読みたくなります。

それと同じで本屋さん、図書館などでも、タイトルに目が留まったり、開けてみて目次にかかれた内容が面白そうだなと思った内容の本はおすすめです。

今書いている私のブログ。
このブログも、元OLのブロガーさんが書かれた本を一冊購入して読んだことがきっかけで開設しました。

面白くなかった本は最後まで読まない

3つ目は、読み始めてなんか面白くないなぁと感じたら読むのをやめることです。

面白くないものをずっと読んでいても時間のムダですし、退屈だからです。

今読んでいる箇所が面白くなくても、読み進めたら自分の役に立つ話がてくるかも・・・。

確かにそういうこともあります。

今読んでいる章が面白くなかったら次の章に飛ばしたり、関心のある興味の内容までパラパラめくってもいいのですが、それでも面白くなかったら本を読むのをやめることです。

たとえば、あなたがテレビでドラマやアニメ作品を見る時、

「この作品、・・・つまらない」

と思ったら、見続けるのをやめますよね?

もちろん最後の展開が気になって一応最後まで見てみてみる。

という方も中にはいるでしょう。

でも、ただつまらないものをずっと読んでいて面白いと感じないなら、時間がもったいないです。

いやいや、本を買ったのに読むのを途中やめるなんて、本を買うお金ももったいないでしょ?

と思うかもしれませんが、

「図書館で読む」

「メルカリで安い本を買い読み終わったら売る」

「家族・友達から借りる」

といったお金がかからない読書の方法はいくらでもあります。

まとめ

ベストセラー、ロングセラーを読む

面白そうだと思った本を読む

読んでみて面白くなかった本は最後まで読まない

読書習慣が身につかないのは、読書する本があなたにあっていない可能性があります。

やっても面白くないことをずっと継続しても、まず継続できません。

楽しいことはずっと継続できるので、自分にとって「これは面白い!」という本を探してみてください。

最後まで読んでいただきありがとうございました!

最新情報をチェックしよう!