楽天Koboの電子書籍リーダーを持つメリットと特徴とは?

楽天Koboで購入した書籍でを読むための「楽天Kobo電子書籍専用端末(以下電子書籍リーダー)」があるのをご存じでしょうか?

ここでは楽天Koboストアで購入した電子書籍を電子書籍リーダーである

  • 電子書籍リーダーの種類
  • 電子書籍リーダーの特徴とメリット・デメリット

という疑問を持っているあなたに向けた内容を解説します。

なお、この記事を書いている私は

  • 楽天ショッピングを月2、3回の頻度で利用している
  • 電子書籍の専用端末を2つ(Kinlde paperwhite、楽天Kobo)所持している

という「楽天で買い物が好き」で「電子書籍リーダーも愛用」している私の視点から特徴を書いていきます。

Koboの電子書籍リーダーとは?

楽天Koboストアで購入した書籍は、「楽天Koboの電子書籍リーダー」を使って読むことができます。

スマホやパソコン、タブレットでも読めるじゃないか?

と思っている方の中で、特に

「長時間読む方」

「寝る前も読む方」

そのような読書習慣がある方は電子書籍リーダーがおすすめです。

ではなぜそのような方にオススメするのか・・・。

具体的に楽天Koboの電子書籍リーダーとはどんな特徴があってどんな種類があるのか、この後説明していきます。

電子書籍リーダー「楽天Kobo」のメリット

それではまず楽天Kobo専用の電子書籍リーダーのメリットから解説していきます。

私が感じているメリットは3つあります。

  • 目にやさしく、脳が疲れない
  • バッテリーの消費が少ない
  • 読書に集中できる

それではメリットを一つずつ解説していきます。

目にやさしく、脳が疲れない

1つ目のメリットは「目にやさしい」ということです。

楽天Koboの電子書籍リーダーの画面は「E-ink技術」が用いられているため、目にやさしい仕組みになっています。

通常、スマートフォンやパソコンから出る「ブルーライト」は非常に目に良くなく、脳を興奮状態にさせてしまいます。

  • 長時間の読書
  • 寝る前の読書

こういう読書習慣がある方にはオススメです。

私は寝る前にスマホを見続けていたせいで、布団に入ってもなかなか眠れないことがよくありました。
電子書籍リーダーに変えてから、よく眠れるようになりました。

バッテリーの消耗が少ない

2つ目のメリットは「バッテリーの消耗が非常に少ない」という事です。

私は毎日朝夜計2~3時間ずつ読んでも、バッテリーが一週間持ちました。

これだけ長いことバッテリーが持てるなら、丸一日読むことがない限り、出張先や旅行先でもバッテリー残量を心配することは少なくなるといえますね。

読書に集中できる

3つ目のメリットは読書に集中できることです。

楽天Koboの電子書籍リーダーは、楽天Koboストアで購入した書籍を読むためだけの専用機器です。

メールや着信コールの音が突然鳴ることがないので、読書に集中することができます。

電子書籍リーダー「楽天Kobo」のデメリット

続いてデメリットを挙げるとすれば以下の3点があげられます。

  • 画面がカラーではない
  • 電子書籍リーダーから書籍を買うときは、Wi-fi環境が必須である
  • 電子書籍リーダーは高価である

では順番に解説していきます。

画面がカラーではない

1つ目のデメリットは画面がモノクロ、つまりカラーではないということです。

小説、単行本のようなページの中に文字が多い本を読む方には問題ありませんが、

図鑑、写真集など、イラストが多い本を読む方には厳しいですね。

そのような場合はスマートフォンやタブレットなど、カラーが使われている電子機器を使うと良いでしょう。

電子書籍リーダーから書籍を買うときは、Wi-fi環境が必須である

2つ目は、電子書籍リーダーから書籍を買うときは、Wi-fi環境が必要であるということです。

楽天書籍リーダーを使ってダウンロードする場合はWifi電波が使える場所でなければなりません。

家にはWifi環境がないよ・・・

という方もいると思います。

自宅や外出先ではWi-fi環境がないよ・・・という場合も、スマートフォンやパソコンからダウンロードして使う必要があります。

ちなみに事前にダウンロードした書籍を読書する時はWi-fi環境がない場所でも問題がないので、電波が悪い場所でも電子書籍リーダーで読書ができます。

電子書籍リーダーが高価である

3つ目のデメリットは「電子書籍リーダー」の値段が高めだということです。

安い電子書籍リーダーでも価格は1万円~なので、少し手が出しずらい点にあります。

Kobo電子書籍リーダーの特徴一覧

楽天Koboの電子書籍リーダーにはいくつかの種類があります。

ここでは4つ紹介いたします。

まずはそれぞれの性能や価格、特徴を表にまとめてみました。

NiaClaraHDLibraForma
重さ172g166g192g197g
inch6678
容量(単位:GB)88832
防水××
本体価格10,978円15,780円25,080円34,980円
発売日2020/7/222018/6/62019/9/182018/10/24

私は現在「楽天Clara」を愛用しています。

それぞれの機種におすすめな方

Nia

Niaの特徴は、「一番安価な電子書籍リーダー」であること

性能は全てのKoboリーダーの中で最も低いため文字が荒く、防水非対応で本体、容量ともに最小サイズ

初期費用が少なくまずは気軽に始めようかなという方向けです。

ClaraHD

ClaraHDの特徴は「最軽量タイプの電子書籍リーダー」であるということ

風呂で読書しない私は防水タイプで、Koboの中では性能が標準のClaraを買いました。
どんな機械も「標準タイプ」って安心しますよね。

Libra

防水機能のついた電子書籍リーダー

お風呂で読めるタイプでは最安で、大きさは他の3種の中間の7インチとなっています。

Forma

他の3種に比べて32GBと購入した書籍をたくさん取り込むことができます。

値段は4万円近くと高め。

たくさんの本をKobo一基で読みたいという方はおすすめ

まとめ

楽天Koboの電子書籍リーダーの特徴と種類を紹介しました。

楽天Koboのメリットは

  • 目にやさしく、脳が疲れない
  • バッテリーの消費が少ない
  • 読書に集中できる

楽天Koboのデメリットは

  • 画面がカラーではない
  • 電子書籍リーダーから書籍を買うときは、Wi-fi環境が必須である
  • 電子書籍リーダーは高価である

楽天Koboの電子書籍リーダーには様々なタイプがあり、

  • Nia
    性能は他のKoboリーダーに劣るが、最安値
  • Clara
    最軽量の電子書籍リーダー
  • Libra
    防水機能が付いた楽天Kobo
  • Forma
    32GBの容量で、たくさん読書をする人向け

楽天Koboの電子書籍リーダーと言ってもタイプは様々です。

あなたが普段読書する場所の環境や、どのくらいの本を読むのかによって、選ぶ機種はことなります。

これまでまとめた表や、メリットデメリットを踏まえて、あなたにあった機種を選んでみてくださいね。

最後までお読みいただきありがとうございました!

rakutenkobo-tokutyou
最新情報をチェックしよう!