「Kindle」 より「Kindle paperwhite」をすすめる理由とは?

大手ネットショッピングサイトAmazonが製造販売している、「電子書籍リーダーであるKindleのシリーズ」には「Kindle 」と「Kindle paperwhite」があります

(※最上位モデルのKindle Oasisもありますが、ここでは省略します)

「Kindle」 はKindleシリーズの中で最安値(約9,000円~)という特徴があり、「Kindle paperwhite」はKindleより高性能といった位置づけになっています。

今回は一番安いKindle とKindle paperwhite双方にある共通点のメリット、そしてKindle ではなくKindle paperwhiteの購入に踏み切った私の感想を書いていきます。

「Kindle」と「Kindle paperwhite」の徹底比較

まずはAmazonのホームページから引用した、両者の比較データを掲載します。

KindleKindle paperwhite
価格幅8,980円~
(Amazon価格)
13,980円~
(Amazon価格)
容量8GB8GB/32GB
(購入時選ぶ)
解像度167ppi300ppi
フロントライトLED4個LED5個
防水×
接続Wi-FiのみWi-FI/Wi-Fiと無料4G
(購入時選ぶ)
引用元:Amazon

最低価格が4000円高い分、Kindle paperwhiteの方が様々な機能性が高いことが分かりますね。

「Kindle 」「Kindle paperwhite」双方に共通する特徴

「Kindle 」「Kindle paperwhite」双方に共通するKindleシリーズならではの特徴を3つ書いておきます。

「Kindle」「Kindlepaperwhite」共通の特徴

  • いつでもどこでも読める
  • 目にやさしい
  • 各種機能が備わっている

では順に解説していきます。

いつでもどこでも読める

「Kindle」「Kindle paperwhite」共通点1つ目はいつでもどこでも書籍を読めることです。

Wi-fi回線を使ってあらかじめあなたが読みたい書籍をKindleにダウンロードしておけば、いつでもどこでも好きな時に読書することができます。

ダウンロードした書籍は紙の本と同様、電車の中、病院の待合室の中、空いた時間を使って読むことができます。

(※4G回線を使ってダウンロードが可能なのは、Kindle paperwhiteのWi-fi+無料4G対応モデルのみ)

好きな時に好きな書籍を読みたいためにKindle paperwhiteを買いました。
いつもカバンの中に3冊書籍を持ち歩いていたんですが、カバンが重くなりカバンのスペースがなかったため、その時にKindleシリーズのいずれかの購入を考え始めました。

目にやさしい

「Kindle」「Kindle paperwhite」共通点2つ目は、目にやさしいということです。

「Kindle 」「Kindle paperwhite」ともにE-ink方式を採用しており、目にやさしいという特徴があります。

スマートフォンやパソコンから発するブルーライトの光をほぼ発しないので、寝る前の読書に最適と言えます。

私がよく読むモータースポーツの雑誌はスマートフォンのKindleアプリで読んでいます。
ただし、睡眠の質を上げるために睡眠前の読書や、単行本を長時間にわたり読書をするのであれば、Kindle paperwhiteで読むことにしています。

各種機能が備わっている

そして「Kindle」「Kindle paperwhite」共通点3つ目は各種機能が備わっているです。

Kindleシリーズならではの、各種機能が双方についています。

辞書機能がある
⇒単語をなぞると、意味をその場で調べることができる

★メモ機能がある
⇒重要なところをなぞると反転され、メモしたところだけ、あとでまとめて確認できる機能がある

文章の文字の大きさを変える
⇒大きくして文字を読みやすくしたり、小さくして文章全体を読みやすくしたりカスタマイズできる

私がKindle paperwhiteを選んだ理由。

じんさんはどうして(Kindle paperwhiteではなく)安いKindleを買わなかったの?

そう思う方がいるかもしれません。

もちろん私もKindleシリーズのいずれかを購入するのに・・・

できれば安い方がいいなぁ・・・
欲しいけど1万円超は高いもんな。 

と思っていました。

それも購入するまで半年近く購入しようか否か考えていたほどです(笑)

しかしながら半年悩みに悩んだ末、Kindle paperwhiteを買おう!という決意をしました。

その理由は以下の3点にあります。

Kindle paperwhiteだけの特徴

  • 解像度が高い
  • 32GBモデルがKindleの方にない
  • 防水機能がある

それでは順に説明していきますね。

解像度が高い

まずKindle paperwhiteにした1つ目の理由は、「解像度が高い」ことです。

この解像度の高さがKindle paperwhiteを選んだ最も大きな理由です。

「Kindle」「Kindle paperwhite」両者の画素数を再度比較すると、

Kindle167ppi
Kindle paperwhite300ppi

ppiとは、「pixel per inch」の略で、「1インチ内に画素がいくつ並んでいるか」を示す単位のことです。

ppiが多ければ多いほど画素数が多く、より鮮明でくっきりした文字を表示させることができます。

Kindle paperwhiteはKindle に比べて実に約2倍もの画素数に違いがあります。

これだけ違いがあると、Kindleでずっと読書するのこう感じると思ったのです。

せっかく1万円もするものを購入したのにな・・・

文字や画像がKindle paperwhiteに比べて荒いKindleより文字がはっきりしていて、今後ずっと使用する目的であることを考慮すると、Kindle paperwhiteがいいなと判断してこちらを買いました。

32GBモデルがKindleの方にない

2つ目の理由は「Kindle paperwhiteには32GBがある」からです。

私はKindle paperwhiteの32GBモデルを選んで購入しました。

Kindle paperwhiteには8GBか32GBモデルを選ぶことができますが、Kindle は8GBモデルしかありません。

Kindle paperwhiteは8GBと32GBの違いって何?

この疑問に関しては過去解説したページがありますので、ご覧ください

購入した本のデータをためておくのに、8GBでも十分なのですが、違うモデルへの買い替えを当分の間考慮しないことからKindle paperwhiteにしました。

またKindleシリーズは、ハードディスクやメモリの拡張が可能なパソコンと違い、SDカードに書籍データを外部保存したり、Kindleシリーズは容量の拡張が不可能なので、購入した段階でモデルを決めておく必要があります。

これから10年先まではKindleシリーズを利用したいことを考えると、少し奮発してでも大きめの容量を買おう、そう思ったのです。

防水機能である

3つ目の理由は「防水機能が備わっている事」です。

Kindle paperwhiteには備わっていますが、Kindleにはそれがありません。

紙の本ではなく、Kindle paperwhiteを購入した人の中には

Kindle paperwhiteはお風呂の中でも読みたいから購入したよ

そういう方もいるようですが、私はしません。

お風呂って、基本的に体の汚れを取ったり疲れを癒す場所なので、いくら読書好きの私でも、お風呂の中では読書はしません(笑)

私は、梅雨の時期や湿気の多い場所で読んでいると早く劣化してしまうんじゃないか?

そう考えて防水対策のある「Kindle paperwhite」を選びました。

Kindle paperwhiteの特徴、3ヵ月使用した感想は別記事にまとめてありますので参考にしてみてください。

まとめ

それでは今回のまとめです。

「Kindle 」と「Kindle paperwhite」共通の特徴は以下の通りです。

「Kindle」「Kindlepaperwhite」共通の特徴

  • いつでもどこでも読める
  • 目にやさしい
  • 各種機能が備わっている

そして悩みに悩んだ末、私がKindele paperwhiteを購入した理由は以下の通りです。

Kindle paperwhiteだけの特徴

  • 解像度が高い
  • 32GBモデルがKindleの方にない
  • 防水機能がある

一番安いKindleシリーズを求めるなら「Kindle」

読みやすさ、長期の利用を考えるなら「Kindle paperwhite」

私は後者です。

性能よりもやっぱり価格!
一番安いのがいいな~。

安さ優先で、文字の粗さは特にしないという方はKindleが一番良いいのではないでしょうか?

Kindle paperwhiteではない一番安いKindle は以下から買うことができます。

最後まで読んでいただきありがとうございました。

「Kindle」 より「Kindle paperwhite」をすすめる理由とは?
最新情報をチェックしよう!