Kindle paperwhite愛用者の私が選んだ、本体のタイプ(容量、広告有無、接続方法)

kindle paperwhite(キンドル ペーパーホワイト)を買おうと思うんですが、容量、広告の有無などあってどれがいいのか分からなくて困ってます。

そのようなKindle paperwhiteの購入を考えているあなた向けに今回は、

私が購入した本体のタイプを書き出してみました。

この記事を参考に、あなたの使用環境にあったKindle paperwhiteの購入を検討してみてください。

私が購入したKindle paperwhite本体

筆者が購入したKindle paperwhiteのモデル

私の購入したタイプはこちらのモデルです。

容量:32GB

広告:なし

接続:Wi-Fi接続のみ

なおKindle paperwhite本体を購入する際は注意が必要です。

容量の拡張、広告の有無の設定、Wi-Fi接続のみで後から無料4G回線をつけるといった「設定変更」は購入後できないので、よく検討してから購入してください。

容量について

まずKindle paperwhiteの容量のタイプには8GBと32GBの2種類があります。

私は多くの書籍を取り込むことができる容量は32GBを選択しました。

Kindle paperwhiteの容量は8GBと32GB、どちらのモデルを買うべきなの?」と悩んでいる方は過去に作成したこちらの記事を参考にしてください。

広告について

Kindle paperwhiteにはトップ画面や、読んでいるページに広告が表示されるモデルと、そうでないモデルがあります。

たとえば、あなたがホームページを見ていると突然目の前や画面の端にスポンサー広告がでてきて、

ああっ!うっとうしい!(イラッ)

と思ったことはありませんか?

「広告あり」だとそのような広告がところどころに表示されますが、「広告なし」は表示されません。

私の購入したタイプは「広告なし」のタイプです。

なぜなら購入後は広告なしにする設定の変更ができないので、私は数千円程度Kindle paperwhiteの金額が高くなっても「広告なしモデル」をおすすめします。

接続方法について

書籍のダウンロードに必要な回線は「Wi-Fiのみ」か「Wi-Fi + 無料4G」を選択できます。

自宅にWi-Fi環境があるという方は「Wi-Fiのみ」がいいですね。自宅で書籍をWi-Fiでダウンロードしたものを、好きな場所で読むことができます。

Wi-Fi環境が自宅にある筆者はWi-Fi接続のみモデルを購入しました。

もしあなたの自宅やKindleをよく使う場所にWi-Fi環境がなければ「Wi-Fi +無料4G」ですね。

これはWi-Fi環境があってもなくても、どこでも書籍をダウンロードすることができます。

ただし、Wi-Fi接続のみタイプのものよりも本体が数千円高価なので注意してください。

まとめ

それでは私が購入した「Kindle paperwhite本体のモデル」のまとめです。

Kindle paperwhite本体

容量:32GB

広告:なし

接続:Wi-Fi接続のみ

Kindle paperwhiteを本体を購入する時の参考にしてみてください。

最後まで読んでいただきありがとうございました。

最新情報をチェックしよう!