【筆者おすすめ】靴の中に水が染み込まない防水シューズ。特徴は安価で、丈夫であること。

通勤中や通学中に靴の中に水が入り、靴下がぬれて気分の良い一日が過ごせなかった。
靴を脱いだ時の匂いが・・・想像するだけで・・・・

梅雨の時期に入り、水たまりのある道を多く歩く機会が増えていきます。

スニーカーで歩いたりすると、靴の中に水が染み込み、だんだんシューズの中でクチャクチャ音が鳴り始めるんですよね・・・。

そして靴を脱ぐと、自分の濡れた靴下から強烈な匂いで、

「うっ・・・」

悶絶します。

もうその日一日ちょっぴり鬱になってしまいますね(苦笑)

今回私が愛用しているシューズは、今の梅雨の季節に欠かせない防水シューズ、マンダムプログリップシューズを紹介いたします。

このシューズは私の生活で大変重宝しています。

この靴を購入するのにおすすめの方は

梅雨の季節、雨の日に徒歩で通勤・通学する時、靴の中がぬれないシューズを求めている

水をよく使用する仕事で、水浸しの床の上で作業を行っている。

濡れている場所で滑りにくく、安い靴を求めている。

私の職場は、仕事で水をよく使っています。
当然床が水浸しになり、滑りやすくなります。
このシューズは動きやすくて、しかも防水なのでとても助かっています。

それではこのシューズの特徴を詳しく書いていきます。

このシューズを販売しているワークマンとは?

まず、このプログリップシューズを販売している「ワークマン」というお店から紹介します。

ワークマンは群馬県伊勢崎市に本社を置き、全国の47都道府県にある、主に肉体労働の作業で使う工具、衣類などを販売している専門店です。

サービス業で肉体労働をしている私も、作業用手袋や今回紹介するシューズを買うために利用しています。

黄色と黒の看板が目印でおそらく街中で見かけたことがあるのではないでしょうか?

マンダムプログリップシューズの特徴

まず、マンダムプログリップシューズがどんなシューズなのかまずは簡単な特徴を書いておきます。

防水加工が施されている

ゴム素材で頑丈、意外と動きやすい

濡れた路面に強く滑りにくい

価格が非常に安い

それでは一つずつ解説していきますね。

防水加工が施されている

なんといってもこのシューズの最高の特徴は防水加工が施してあることが素晴らしいです。

この靴を買ったことで雨の日に濡れた道の上を歩いても靴下が濡れることはほとんどありません。

(よほど深い水たまりを歩いたり、非常に強い雨が降っていて足首回りがぬれた場合は別ですが・・・)

靴の中の靴下がほとんど濡れないので、靴を脱いだ時に発する強烈な悪臭もほとんど気になりません。

シューズの中の靴下が濡れてしまったり、靴を脱いだ時の足の悪臭・・・。
その日、一日中鬱になります(笑)

ゴム素材で頑丈、意外と動きやすい

「ゴムの靴」といえば作業用の「長靴」を思い浮かべる人が多いかもしれません。

でもゴムの長靴は動きづらいですし、そもそも通勤・通学で長靴を履いていくのはかなり恥ずかしいですよね?

この「マンダムプログリップシューズ」もゴム素材の靴で見た目がシンプルでデザインも良いことが大きなメリットと言えます。

ゴム素材でできたシューズにもかかわらず、小走りで走れるくらい動きやすくて初めて履いた時は驚きました。

さらに靴ひもがないのも大きな特徴で、雨の日にほどけた靴のひもをしゃがんで結びなおすことがありません。

当然その時も手が泥だらけになる心配もありません。

私は仕事中に、移動することが多いのですが、硬そうな靴だから動きづらいということを感じません。
あとクルマの運転がしづらいということもないですね。

濡れた路面に強く滑りにくい

シューズ自体がゴム製なので、非常にグリップ感があり、雨で滑りやすい路面の上で滑ることがほとんどありません。

嘗てスニーカーを履いて業務していたところ、濡れたコンクリートの階段で転げて、太ももを強打しその夜シップを貼りまくって対処したことがあります。

ところがこの靴はグリップ力が強く、スリップすることがほとんどありません。

あなたが普段歩く道や濡れた場所での作業中に、滑りそうになってヒヤリとした経験はありませんか?

濡れたコンクリートを歩くのは今でもトラウマです。
あなたがよく歩く道に、濡れた石階段や坂はありませんか?

価格が非常に安い

ここまでくると、気になるのはシューズの価格ですよね?

そんな丈夫なクツならきっと高い商品じゃないの?

そう思うかもしれません。

でもこのシューズはワークマンのオンラインショッピングであれば

1足1500円で販売しており、コスパとしては非常に優秀な価格設定です。

(※送料は別料金です)

これより低価格のシューズはおそらくないだろう・・・

っていうくらい安い価格だと思いませんか?

シューズの色は3色ある

ワークマンのショップで扱っているシューズのカラーは

シロ(白)、クロ(黒)、カーキ(緑)の3色あります。

(※上の写真のシューズがカーキ色になります)

もしあなたが通勤用で会社に履いていくなら、革靴と同様の黒が無難ではないでしょうか?

私が普段使っている色も、黒です。

プライベートならホワイト、カーキの色でも問題なさそうですね。

このシューズ購入の唯一の注意点

このシューズは私の中で神シューズの一つだ!

と言えますが、しいて言うなら購入時一つだけ注意点があります。

それはいつも履いているサイズより1cm大きめのサイズを購入することです。

いつも履いているシューズと同じサイズを買ったのですが、少しきつい感じがします。

そのため、いつも履いているサイズより1cm程度大きめのサイズを買うことをお勧めします。

まとめ

今回雨の日や、水を使う場所で大活躍するマンダムプログリップシューズ、いかがだったでしょうか?

このシューズの特徴をもう一度書いておきます。

防水加工が施されている

ゴム素材で頑丈、意外と動きやすい

濡れた路面に強く滑りにくい

価格が非常に安い

路面がぬれた地面を歩く時、靴の中に雨水が入り込み靴下がぬれたまま仕事したり、水たまりを歩くのは非常にいやな梅雨の季節に突入しています。

私も濡れた靴下のまま一日を過ごすのは本当に辛いものがありますし、靴を脱いだ時の匂い・・・想像するだけで悶絶しませんか?

朝の通勤時に靴の中がぬれてしまったら、一日中憂鬱な気分になります。

雨の日でも私は一日楽しく過ごしたいですからね!

今回ご紹介した「マンダムプログリップシューズ」はワークマンのオンラインショッピングで購入することができます。

まずは一足だけ購入してみて、あなたに合うシューズかどうか決めてみてください。

⇒⇒ マンダムプログリップシューズはこちらで購入できます。

梅雨の季節を乗り越えるアイテム、防水シューズのご紹介でした。

最後まで読んでいただきありがとうございました。

最新情報をチェックしよう!